スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚 ニール・ヤング・インターナショナル・ハーヴェスターズ「ア・トレジャー」

1984 年/1985年にニール・ヤングがインターナショナル・ハーヴェスターズと共に行ったツアーの音源を集めたアルバム。6曲の未発表曲のほか、これまでリリースされた楽曲の未発表ヴァージョン8曲を収録。いずれもニール本人の選曲である。



1. アンバー・ジーン (未発表曲)
2. 国のために用意はいいか?
3. イット・マイト・ハヴ・ビーン
4. バウンド・フォー・グローリー
5. レット・ユア・フィンガーズ・ドゥ・ザ・ウォーキング (未発表曲)
6. 僕のそばに居ておくれ
7. モーター・シティ
8. ソウル・オブ・ア・ウーマン (未発表曲)
9. ゲット・バック・トゥ・ザ・カントリー
10. サザン・パシフィック
11. ナッシング・イズ・パーフェクト (未発表曲)
12. グレイ・ライダース (未発表曲)

neiltop.jpg 122939624167816117054_neil_young_2.jpg



やっと買ってきた・・・・
ニールの80年代のLIVE盤
最近は70年代のものが出たりと古いニール信者には嬉しかったけど、以外にと80年代は様々な音楽スタイルに手を出していた時期なので今回のカントリーライブはうれしいですね

ホッとします

ハーベストやカムズアタイムほどの新鮮さは正直ないけど名盤と言われる雰囲気は1曲目から出ています
全てのロックフアンにはおススメ
カントリーを聴いた事がない人は入門にどうぞ!

そして古くからのニールの連友である昨年亡くなったベンキースのプレイが最高っす!
ニールの名盤の陰にベンキースあり!

名ペダル・スティール奏者、Ben Keithが他界
Hotwire Japan | 29 7月 2010 |

1971年のマルチ・プラチナム・アルバム『ハーヴェスト』以来、ニール・ヤングと仕事をし続けてきた、素晴らしいペダル・スティール奏者のベン・キースが27日(火)に心臓発作のために他界した。享年73歳。キースは、ニール・ヤング以外にもリンダ・ロンシュタット、CSN、ウォーレン・ジヴォンなど“西海岸系”のミュージシャンやパッツィ・クライン、ウェイロン・ジェニングス、ウィリー・ネルソン、エミー・ルー・ハリスら多数のアーティストと仕事をしてきた。また、1995年にはプラチナム賞を7回獲得したジュエルの『ピーシズ・オブ・ユー』をプロデュースした



keith1.jpg


スポンサーサイト

2011/07/09 19:53 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。