スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の一枚 slim harpo【BABY SCRATCH MY BACK】

スリム・ハーポ (Slim Harpo, 1924年1月11日[1][2] - 1970年1月31日)は、米国のブルース・シンガー、ハーモニカ奏者、ギタリスト。本名は、ジェイムズ・アイザック・ムーア。1957年にエクセロ・レコードよりレコード・デビュー。ジミー・リードにも通ずるぬるま湯に浸かったような緩いサウンドで、レーベルの看板スターとなった



slim_harpo.jpg

ストーンズのメイストリートを聴きまくった今日はやはり「ハーポ爺さん」を聴いた
最近ハーポ爺さんのレコードやCDもあまり玉数が少なくなってきたかな?
あんまり見ないですね
メインストリートを聴いた後20歳ぐらいの時に必死い探して今は4枚ほどあるかな
これは特にシェイク・ユア・ヒップが聴けるのでお気に入り
今度CDでも見つけたら確保しましょう

slimharpo2.jpg

1924年、バトンルージュ近郊の小さな町、ロブデルに生まれる。少年時代はラジオから流れてくるブルースを聴き、ハーモニカをプレイするようになった。この頃の一番のアイドルは、ブラインド・レモン・ジェファーソンだった。

18歳のとき、家を出てニューオーリンズで港湾作業員として働くがすぐに故郷に戻った。地元では建設作業員として働いた[3]。一方、ジューク・ジョイントやクラブ、路上で演奏活動も展開し、ハーモニカ・スリムの芸名で親しまれるようになった。

1955年、エクセロ・レコードのアーティストだったライトニン・スリムが同レーベルのレコード・プロデューサー、ジェイ・ミラーに彼を紹介し、ライトニン・スリムのサイドマンとしてレコーディングに参加するようになった[1]。

1957年、同レーベルで初の自己名義のレコーディングを行う。レコード・デビューに際し、ハーモニカ・スリムというアーティストが既にカリフォルニアで活動していることをミラーから知らされ、芸名をスリム・ハーポに変更する。これは彼の妻ラヴェルのアイデアで、ハーモニカ・スリムという名前をもじったものだった。

同年、デビュー・シングル"Got Love If You Want It"をリリース。以後、"Rainin' In My Heart"(1961年)、"Shake Your Hips"(1966年)、"Tip On In, Part 1"(1967年)、"Tee-Ni-Nee-Ni-Nu"(1968年)など次々とリリースを重ねた。特に1965年の"Baby Scratch My Back"は翌年、ビルボードのR&Bチャートの第1位という大ヒットを記録した。

1970年1月31日、まだ46歳と言う若さで心臓発作によって急逝した。ライトニン・スリムとともに初のヨーロッパ・ツアーに出ることが決まった矢先のできごとであった。このツアー中には、イギリスのミュージシャン達とのレコーディングも予定されていた。

ハーポは、ルイジアナ州ポートアレンに埋葬されている。










スポンサーサイト

2011/07/18 22:35 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

SNAKEさん。2曲ともゴチでした。

確かにちょっとユル目ですが、良かったです。
46歳で亡くなったんですか?
今の自分とオナイです。

No:107 2011/07/19 01:23 | ヘタリカ #- URL編集 ]

ヘタリカさん
どうもっ!
歌声はゆるいですよね
でもビートはトンガっていて独特のグルーブです
キングビーなんかも素晴らしいですよ
SNAKE

No:108 2011/07/19 06:07 | SNAKE #- URL編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。