スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  ビル・エバンス「Waltz for Debby 」

スコット・ラファロ(B)とポール・モチアン(Dr)を擁するビル・エヴァンス・トリオは、ライヴ活動を通じて互いの音楽的信頼感を高めてきた。結成後1年半たった61年6月25日、ニューヨークの名門ジャズクラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」に出演し、歴史的ライヴ録音を行った。
スタジオ録音にはないスリリングな名演となったが、この10日後スコット・ラファロが他界。本トリオの正式なライヴ録音は、ラファロ追悼盤の『サンディ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』と本盤のみ。それでも本盤が、すべてのジャズアルバムのなかで、ソニー・ロリンズの『サキソフォン・コロッサス』と並んで最高の人気盤であるのは、内容がすばらしいからである。
オープニングのバラード<1>は果てしなく美しい。タイトル曲<2>は、エヴァンスの兄娘デビイのために書かれたワルツだ。生涯を通じて何度も演奏される曲だが、ここでの演奏が最高。(高木宏真)



1. My Foolish Heart
2. Waltz for Debby (Take 2)
3. Waltz for Debby (Take 1)
4. Detour Ahead (Take 2)
5. Detour Ahead (Take 1)
6. My Romance (Take 1)
7. My Romance (Take 2)
8. Some Other Time
9. Milestones
10. Porgy (I Loves You, Porgy)

imagesCAWT61HW.jpg

今夜は得意の丸山食堂で「イカバター」「さんま」で一杯やってきた
ホロ酔いで・・・
外は雨・・・・
仕事で疲れた体を癒すのは・・・
バーボンを一杯飲みながらビル・エバンスのピアノでリラックス


スポンサーサイト

2011/07/28 21:59 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

お邪魔します

ビル・エヴァンスの演奏は眠くなってくるので苦手なのですが、
ご紹介のアルバム聴いたことないんでとても気になります。

髭ぼーぼーになる前のエヴァンスってかっこいいですよね。
猫背になって入れ込んじゃってる写真、いいです。

No:150 2011/07/29 18:22 | ちゃぶまる #- URL編集 ]

どうも!
私もあまり詳しくはわかりませんが、気が着いたらビルさんを良く聴くようになってました♪
良い音楽は自然と入ってくるもんですね。
SNAKE

No:151 2011/07/29 20:34 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。