スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  イーグルス「呪われた夜」

一段とスケール・アップし彼らの名を不動のものにした、初の全米NO.1アルバム。
「呪われた夜」「いつわりの瞳」「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」収録。
(1975年/第4作目/全米アルバム・チャート:5週連続第1位)
【プロフィール】
1971年リンダ・ロンシュタットのバック・バンドで顔合わせしたグレン・フライ、バーニー・リードン、ランディ・マイズナー、ドン・ヘンリーの4人で結成。72年ファースト・シングル「テイク・イット・イージー」、アルバム『イーグルス・ファースト』のヒットにより、一躍ウエスト・コースト・ロックの代表的な存在となる。74年3作目の『オン・ザ・ボーダー』完成後、レコーディングに参加していたドン・フェルダーが正式メンバーに。75年バーニー・リードンが脱退、代ってジョー・ウォルシュが加入。そして76年歴史的名盤『ホテル・カリフォルニア』をリリース。77年オリジナル・メンバーであったランディ・マイズナー脱退。ティモシー・B・シュミットが正式メンバーとなる。79年発表の『ロング・ラン』発表。80年ロング・ラン・ツアーを中心とした初のライヴ・アルバムをリリースするが、バンドは事実上休止状態に。82年5月正式に解散が発表される。



4作目にして、初の全米ナンバー1を記録した大ヒットアルバム。次作の『ホテル・カリフォルニア』があまりにも有名なため、その陰に隠れがちな作品だが、このアルバムは決して次作に引けを取らない完成度を誇る傑作。
ファンキーで歯切れのいい<1>や、初期の彼らのようにさわやかな<5>、ランディ・マイズナーの名バラード<6>など名曲ぞろい。特にこのアルバムを最後に、グループを去るバーニー・レドンによるアルバム最終曲<9>の、癒されるようなやさしさには胸を打たれる。(麻路 稔)


1. 呪われた夜.
2. トゥー・メニイ・ハンズ.
3. ハリウッド・ワルツ.
4. 魔術師の旅.
5. いつわりの瞳.
6. テイク・イット・トゥ・ザ・リミット.
7. ヴィジョンズ.
8. アフター・ザ・スリル・イズ・ゴーン.
9. 安らぎによせて

イーグル

今年の春の来日公演を思い出しますね
思っていた以上にロックを感じたコンサートでした
私のイーグルスは1枚目かこれです
このアルバムを聴いたのは当然ホテルカリフォルニアやロングランの後で二十歳を過ぎてから聴きました
ハッキリ言って「カッチョイーーー」
タイトル曲のベースは私の中では永遠に語り継がれます
これは一つのエーグルロックの完成と言って良いでしょう
マーこのアルバムが売れてしまったのでホテルカリフォルニアへと行くのかな

私はカリフォルニアより「ロングラン」の方が全然好きですがね


スポンサーサイト

2011/07/29 22:09 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

そうですよね、「ホテル・カリフォルニア」があまりにも有名ですが、
ここらへんは抜群にいいですよね。

No:152 2011/07/29 22:38 | アナログおじさん #- URL編集 ]

おじさん
どうもっ!
やはりそう思いますか!
さすがです
今夜も呪われちゃいましょう♪
SNAKE

No:153 2011/07/29 22:44 | SNAKE #- URL編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。