スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚   ザ・ロンドン・ハウリン・ウルフ・セッションズ

1971年にリリースされたシカゴ・ブルースの巨人による名盤。エリック・クラプトン、スティーヴ・ウィンウッド、ビル・ワイマンなど、豪華なゲストが参加している




1. ロッキン・ダディ
2. アイ・エイント・スーパースティシャス
3. シッティン・オン・トップ・オブ・ザ・ワールド
4. ウォーリード・アバウト・マイ・ベイー
5. ホワット・ア・ウーマン
6. プア・ボーイ
7. ビルト・フォー・コンフォート
8. フーズ・ビーン・トーキング
9. レッド・ルースター
10. レッド・ルースター
11. ドゥ・ザ・ドゥ
12. ハイウェイ49
13. リン・ダン・ドゥードゥル
14. ゴーイング・ダウン・スロー
15. キリング・フロア
16. アイ・ウォント・トゥ・ハブ・ア・ワード・ウィズ・ユー


米チェス・レコードからの発売ですが英ではローリング・ストーンズ・レコーズからの発売。

御代ドン・ハウリン・ウルフが、1970年の5月にロンドンにやってきた!
ブリティッシュ・ミュージシャンをバックに従え録音したスーパー・セッション・アルバム。


ハウリン・ウルフ (hca、g、vo) ・エリック・クラプトン (g) ・スティーヴ・ウィンウッド (p、org) ・ビル・ワイマン (b) ・チャーリー・ワッツ (ds) ・イアン・スチュワート (p) ・ヒューバート・サムリン (g) 等・・・
"I Ain't Superstitious" ではリンゴ・スターもドラムで参加
ミック・ジャガーもバッキング・ボーカルで入っているらしのですが、気が付きませんね
クレジット欄に名前はありますが・・・

個人的にはブルースアルバムと言うよりR&R色がやはり強く感じますね
初めて聴いた10代のころは大きな感激がありました

しかし改めて聴くとリラックス感もあり肩の力を抜いて聴けます

img_1509838_63196054_1.jpg


"The Red Rooster" のリハ・テイクで、ウルフがクラプトンやメンバーにスライド・ギターの入り方を伝授しているところが非常に興味深く、『いいか、お前の音が”ブーン”と響いた時にあいつがそれに合わせて入るだ』・・・
なんて事を言ってるらしく、クラプトンがその指示に全て従ったかどうかは判りませんが、最終的にその曲ではウルフはボーカルのみでバックは全て任せています

img_1509838_63196054_2.jpg

ロンドン・セッション・シリーズは
 マディ・ウォーターズ
 チャック・ベリー
 ボ・ディドリー
などがあります根♪








スポンサーサイト

2011/08/06 16:41 | COMMENT(5)TRACKBACK(0)

コメント

これ大好きで、ワクワクして聴いたものです。
ただ、盤を持ってないんです。
いまだにカセットテープ(笑)

No:185 2011/08/06 22:10 | アナログおじさん #- URL編集 ]

おじさん
どうもっ!
ちょっと前はデラックスエヂューションなんかも出てました
このアルバムのデラックスを購入する方はつわものですね
向かいはレコードがなかなか手に入らなかったですが今はCDで格安で販売されてますから
良い時代ですね
SNAKE

No:186 2011/08/06 22:16 | SNAKE #- URL編集 ]

10代でこの曲聴いてたんですか?
SNAKEさんメッチャしぶいです。

自分は40の後半になっても
ガキオヤジのままです。

ゴチでした。ヘタリカ

No:187 2011/08/07 02:01 | ヘタリカ #- URL編集 ]

うらやましい!

十代での出会いでしたか!
The Red Roosterで、ちょっと口喧嘩になってますよね。
お前がやってみろ!みたいな言い方をされてウルフがギターで教えているんでしょうか。

ミックのボーカルの件は今のいままで知りませんでした…

No:188 2011/08/07 02:34 | ちゃぶまる #- URL編集 ]

ヘタリカさん
どうもっ!
たしかに10代でブルース聴き始めましたが今も何も変わっていないです
進化はしていないSNAKEです

ちゃぶまるさん
どうもっ!
スタジオの中の話し合いですが、The Red Roosterの仕上がりを聴いて流石って感じですね
SNAKE

No:189 2011/08/07 06:17 | SNAKE #- URL編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。