スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  キャプテン・ビーフハート&ザ・マジック・バンド「セイフ・アズ・ミルク」

久しぶりに引っ張り出してきたビーフハート先生の1枚目
20歳のライクーダーが凄い!!

記念すべき67年のデビュー作。ライ・クーダーの参加はあるものの,アクの強すぎるおみごとなキャプテンだけの世界。ブルースの泥臭さ,ねっとりとした情念を散乱ぎみに食いちらかして前進するエネルギーは唯一無二。恐るべき名作



フランク・ザッパと並ぶロック界の奇才、キャプテン・ビーフハートの記念すべきデビュー・アルバム(67年作)が、当時のアウト・テイクやレア・テイクなど7曲を追加したアップ・グレード仕様で登場。ブルース・ロックを基調としつつも、サイケ、トラッド・フォークなどさまざまな要素が混在した強烈なオリジナリティあふれるサウンドは、今聴いても実に新鮮。60年代のガレージ・バンドならではの奔放な持ち味が堪能できる痛快作といえよう。当時20歳だったライ・クーダーのギター・プレイも聴きもの

1. シュア・ナッフン・イエス・アイ・ドゥ
2. ジグ・ザグ・ワンダラー
3. コール・オン・ミー
4. ドロップアウト・ブギー
5. アイム・グラッド
6. エレクトリィシティ
7. イエロー・ブリック・ロード
8. アバ・ザバ
9. プラスティック・ファクトリー
10. ホエア・ゼアーズ・ウーマン
11. グロウン・ソー・アグリー
12. オータムズ・チャイルド

cbht.jpg

ビーフハートと言ったら「トラウト・マスク・レプリカ」ですが私はこっちの方が好きですね
①最初に聴いたこちらでインパクトがハンパなかった
②多分一番普通に聴きやすい
③ライ・クーダーが参加している

最初に聴いたのは20歳の時にたまっていた近所の中古レコード屋のおっさんに「ライクーダ好きだったよな!これ聴け」と勧められたのが 「シュア・ナッフン・イエス・アイ・ドゥ」のシングル盤(輸入盤)だった
ハッキリ言ってインパクト大!しかもこのライクーダ今の俺と同い年???
ハンパねーーーー
その後このアルバムを探して購入
オッソロしイー変態ブルース

その後「トラウト・・・」等数枚購入し聴きました
脳内パーツの分解が始まりブルースに対する意識が変わっていった

でも・・・・やっぱりこれが一番ですね

imagesCA12NW4C.jpg






スポンサーサイト

2013/04/06 19:15 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

コメント

確かに

一番普通に聞きやすいのは間違いない
私は「美は乱調にあり」が好きです

No:408 2011/10/08 17:42 | kashipwee #t855ZN0o URL [ 編集 ]

カシピー
どうも!
乱調は持ってませんね!
流石カシピー!聴いてますね!
SNAKE

No:409 2011/10/08 19:52 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

キャプテン・ビーフハートかっけー
フランク・ザッパと並ぶ存在ですか
ザッパは、ハエハエカカカザッパッパなんてふざけた
邦題で知ったけど
曲はキング・クリムゾンと似た感じで嫌いじゃないです。

No:1469 2013/04/07 15:20 | アイパッチ #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アイパッチさん

どうも!

変態と天才の紙一重です

どっちにも転びます

No:1470 2013/04/08 20:51 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。