スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  デヴィッド・ボウイ「Pin Ups 」

1973年発表。ピンク・フロイド、ヤードバーズ等、ボウイが影響を受けた60年代のヒットをカヴァーしたユニークなアルバム。
内容(「CDジャーナル」データベースより)
1973年発表の7枚目のアルバム。彼が作り上げた架空のスター“ジギー”に終わりを告げ、ピンク・フロイドやヤードバーズといった60年代ブリティッシュ・ロックを大胆にカヴァーした原点回帰的作品。



1. Rosalyn
2. Here Comes The Night
3. I Wish You Would
4. See Emily Play
5. Everything's Alright
6. I Can't Explain
7. Friday On My Mind
8. Sorrow
9. Don't Bring Me Down
10. Shapes Of Things
11. Anyway, Anyhow, Anywhere?
12. Where Have All The Good Times Gone

imagesCA8XAPCT.jpg
ジギーに別れを告げたデビッド・ボウイの原点回帰的なアルバム
ヤードバーズ、フー、ゼム、ピンクフロイド、プリティシングス、イージービーツ・・・ずらりとならんだブリティッシュロックのヒット曲
そして、イギリスの60年代といえばミニスカートの「ツィッギー」、ジャケットに登場してます
。この辺がボウイの隠し味ですね

初めて聴いたのは10代後半ぐらいだったかな?
パンクを通ってグラムにハマっていた時期に「なんてご機嫌なR&Rがてんこ盛りなんだ!」と、感心してました!
当時は全曲カバーなんて思ってませんでした
輸入盤で購入したのでライナーも入っていなかったし
安いカット盤を購入しました

なんか聴いた事あるような感じがするなー程度で単純にアルバムを楽しんでいました!

さすがボウイ!子供だましのプロだぜ!

imagesCADGPKXU.jpg




スポンサーサイト

2013/08/12 22:43 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

自分も初めて聴いた時ぶっ飛びました!
ジギーを葬り去ったとはいえ、相変わらずのセンス!

何気にボートラの「Growin' Up」では
ロン・ウッドがギター弾いてるんですよね。

No:526 2011/11/04 23:33 | 室姫 #- URL編集 ]

室姫さん
どうも!
へーロニー参加なんですか?
知らんかった
このアルバムのR&R指数は高いですからね
SNAKE

No:527 2011/11/05 08:07 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。