スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚   ジュディ・コリンズ「Wildflowers」

CS&Nの「青い眼のジュディ」のジュディさんです。




1. Michael From Mountains
2. Since You Asked
3. Sisters Of Mercy
4. Priests
5. A Ballata Of Francesco Landini
6. Both Sides Now
7. La Chanson Des Vieux Amants
8. Shy Fell
9. Albatross
10. Hey, That's No Way To Say Goodbye


imagesCA34P2LR.jpg

『青春の光と影 (Both Sides Now)』(全米8位)が収録されたジュディ・コリンズの出世盤(全米5位)

全10曲中,ジュディ・コリンズのオリジナルは3曲
2曲がジョニ・ミッチェル等

アコースティック・ギターとストリングスを中心としたクラシカルな演奏にジュディ姐さんの癖のないボーカルで俗に言う『癒し系』となっています。
クラシカルな色彩の強いこのアルバムの中で名曲で『青春の光と影(Both Sides Now )
』が浮いた聴こえてしまうのは気のせいでしょうか?名曲すぎたか????


スポンサーサイト

2011/11/27 10:06 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。