スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  Van Halen

エディとアレックスのヴァン・ヘイレン兄弟と、マイク・アンソニー、デイヴ・リー・ロスによるバンド、ヴァン・ヘイレンの記念すべきデビューアルバム。彼らは、デビュー以前のクラブ・サーキット中から、キッスのジーン・シモンズがその後ろ盾をするなど、期待のニューカマーとして注目されていた。
78年のこのファーストは、デイヴのパワフルなヴォーカルもさることながら、エディの冴えたテクニックのプレイが、ギタリスト不毛の時代と嘆かれた当時、渇望するファンの心を潤してくれた。キンクスで知られる<3>も収録された本作は、世界中のロックファンを熱くした。(春野丸緒)



1. Runnin' With The Devil
2. Eruption
3. You Really Got Me
4. Ain't Talkin' 'Bout Love
5. I'm The One
6. Jamie's Cryin'
7. Atomic Punk
8. Feel Your Love Tonight
9. Little Dreamer
10. Ice Cream Man
11. On Fire

imagesCA7708E7.jpg

とにかくこ衝撃的でした
小学生の時に銀座NOWでみたVHのビデオ
エディーのタッピング奏法!!当時こんなギターを聴かせてくれたのはエディーしかいなかった
ライトハンド奏法は彼の代名詞となっていった

imagesCAD0MY07.jpg

デイヴ・リー・ロスの芸術的な下品さは素晴らしいに尽きる
その資質がバンドの成功に大きく影響していたのは言うまでもないでしょう

アルバムの出来も最高!
輝ける70sアメリカンハードロック!
彼らもこのアルバムを越えた内容のアルバムは出てきていないと思う!

imagesCAGGXG8R.jpg


スポンサーサイト

2011/11/13 22:38 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

やはり、この曲にはコメしなければ・・・・。

懐かしいです。
大好きでした。

真剣にやってるUKハードロッカーに較べて
随分アッケラカンで明るい。

しかしバリテク。
そういえばAC/DC・・・アンガスが
当時ヴァン・ヘイレンをライバル視していました。

「シェイク・ア・レッグ」でライトハンドしてたり・・・。
インタビューで今ではありえない悪口言ってたり・・・。

アンガスがヤキモチ焼くくらい人気だったんでしょう。

No:560 2011/11/13 23:43 | ヘタリカ #- URL編集 ]

ヘタリカさん
どうも!
へーアンガスがやきもちですか???
KINKSナンバーで出たとこあたりもなんとなく意識したんですかね?
やはりヴァンヘイレンはお下劣なのがいいな♪
SNAKE

No:561 2011/11/14 06:00 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。