スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  ピーター・トッシュ「解禁せよ!」

いやーーーーー暑い!暑い!

昨日から殺人的な暑さが続いています

レゲエーミュージックが合う季節

昨日からトッシュやクリフを聴きまくってまーす


B・マーリーがレゲエの国際的な拡大に踏み出したのに対し、P・トッシュはオリジナル・ウェイラーズを脱退後、このソロ・デビュー作で、ジャマイカというレゲエ発祥の地にこだわり、貧困にあえぐ第三世界のゲットーの民衆の叫びを代弁し、喝采を浴びた。 アルバムは、マリワナの解禁について歌ったタイトル曲「解禁せよ」や、警察権力について歌った「どうするんだ」など反体制的でハードコアな内容の楽曲と、「ホワイ・マスト・アイ・クライ」「井戸が枯れるまで」のようなソウルフルでとびきりスウィートな楽曲が一体となっている。バニー・ウェイラーやアイ・スリーズの面々、ロビー・シェイクスピアらがバックを固めている。(1976年作品)

 imagesCAV9LSX1.jpg

1. 解禁せよ
2. 埋葬
3. どうするんだ
4. ノー・シンパシー
5. ホワイ・マスト・アイ・クライ
6. イグザビエール(ジャーを称えよ)
7. ケチ・シュビ
8. 井戸が涸れるまで
9. ブランニュー・セカンド・ハンド

imagesCAYEPLS3.jpg

ボブ・マーリー(アイランド・レコード?)と袂を分かち、ジャマイカで自身の道を歩み始めたピーター・トッシュのソロ・デビュー作。マリワナの解禁について歌った表題曲に話題が集まった

最近はめっきり寒くなりました
HOTなMUSICのレゲエが恋しくなる時期ですな
ここんとこ由緒正しいレゲエミュージックがすくなった今(ミックのスーパーへヴィは良かったけどね)70sレゲエがとっても新鮮に聞こえる

しかいこのアルバムはインパクトある!
歌詞が凄い!

「どうするんだ」
ママ・ママ 奴らがパパを捕まえた!
ガンジャ吸って捕まった
塀を飛び越えて逃げなかったらおいらも捕まっていた
ママどうしよう?教えておくれ

:どうしようもない家族の歌ですね。真似しては駄目ですよ!

「解禁せよ」
歌手も吸ってる
楽器演奏者も吸ってる
解禁せよ!イエーイエー
医者も吸ってる
看護婦も吸ってる
法律家も吸ってる

:こんな病院で手術を受けたら大変ですね

ptts.jpg

非常にストレートでこの国との文化の違いがわかりますね
日本ではインディーズでないとこういった曲は出てこないでしょうね

「ホワイ・マスト・アイ・クライ」
なんで、こんなに涙を流さなきゃいけないんだ?
なんで、こんなに涙を流さなきゃいけないんだ?

希望を持つのは大きな罪だった
希望を持つのは大きな罪だった

こんなさびしい道を何で歩かなきゃいけないんだ?
こんな重たい荷物を何で運ばなきゃいけないんだ?

:苦労もされた方なんですね・・・・・・・

1976年の絶対的名盤!



スポンサーサイト

2013/08/11 20:01 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

おーっレゲエ来ましたか!
このクレイジーな暑さをやり過ごすには・・レゲエが欲しくなりますよね!

自分もこのアルバムお気に入りです♪

No:1617 2013/08/11 19:01 | リュウ #- URL編集 ]

Re: タイトルなし

リュウさん

どうも!

このクソ暑い時に暑い音楽ですが心地は良いです

気分はジャマイカン!

ジャークチキンが美味い!

No:1618 2013/08/12 21:50 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。