スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  ジャスティン・ヒースクリフ(喜多嶋修+吉野金次)

吉野金次と喜多嶋修がビートルズを研究しまくって作り上げたスタジオの秘技アルバム。71年6月発表でこれだからたいへんなものでしょう。全曲(もちろん)英語ですが,なにぶん音と曲のすばらしさにア然とするばかり。



1. Let’s All Sing Along
2. You All Should Think More
3. Hand In Hand
4. Which Is True
5. Once It’s Nice To Rise At Dawn
6. Lost Are My Dreams
7. Sea
8. You Know What I Mean
9. A Tiny Island
10. Good Bye
11. Life
12. To Live In Peace
13. Love Makes The World Complete

喜多嶋修は、GS「ランチャーズ」出身。
吉野金次は、スタジオエンジニアでビートルズの究極マニアでイギリスに飛んでわざわざビートルズが使ってたスタジオに潜入して、その様子を完璧に記憶し日本に帰ってきた超人

このふたりのビートルズマニアのつわものコラボで生まれたのが、この知る人ぞ知るアルバム「ジャスティン・ヒースクリフ」でござんす

吉野のがイギリスから持って帰った知識と情報を日本のスタジオで実践するために、夜中にの使われていないスタジオにもぐりこみ試行錯誤を繰り返して完成させた音源のアルバム

日本のこの時代にしてこの音!このセンス!

完全に中期~後期のビートルズがやってもおかしくないと思える出来

曲はビートルズのカバーではないが「あれ?これあれじゃん」みたいな感じです
当時よりも今聞いた方が良いと思われるアルバムである。

imagesCAYRFBFS.jpg

その後細野晴臣がえらく感激!
はっぴいえんどの2ndアルバム「風街ろまん」のエンジニアに抜擢されたとの事

物作り日本人魂の完璧なこだわりの「魂の名盤」

しかっし、まーよくビートルズのスタジオに忍び込んだよね!

この世にストーンズやビートルズのスタジオテイクのブートレッグが星の数ほどあるのがわかります!

2576983.jpg





スポンサーサイト

2012/01/02 23:12 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

確かに

今より緩いから、日本から来た!とか言うといれてくれんじゃないかな~
日本から来たって言ったらポールに食事に招待されたってひともいるぐらいですから

No:717 2012/01/03 16:01 | kashipwee #knSQnfYs URL [ 編集 ]

Re: 確かに

カシピー
どうも!
ポールにメシおごってもらうとは・・・・・
すごいね!
今じゃありえないですね

> 今より緩いから、日本から来た!とか言うといれてくれんじゃないかな~
> 日本から来たって言ったらポールに食事に招待されたってひともいるぐらいですから

No:719 2012/01/03 17:15 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。