スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  The Paul Butterfield Blues Band 「East-West 」

バターフィールド・ブルース・バンドの斬新なデビューが、このバンドが影響を受けた先輩たちから尊敬を集めたとしたら、ブルース少年たちのサイケデリックな同業者たちをしのぎ、そして導いたことだろう。東洋の影響があり、ギタリストのマイク・ブルームフィールドが共同で書いたジャムで、13分以上あるアルバム・タイトル曲の「East-West」はブルースの領域まで手を伸ばしている。これは多くの劣るバンドに、自由飛行の探索を永遠に続けさせることになったかもしれない曲だ。「East-West」とジャズマンのキャノンボール・アダレイの「Work Song」は果敢に新しい方向を求めているが、ポール・バターフィールドと仲間たちは手堅いシカゴ・ブルースにルーツを置いたままだ。『East West』は東でも西でも、ベストな音楽を提供している。(Steve Stolder,



1. Walkin' Blues
2. Get Out Of My Life, Woman
3. I Got A Mind To Give Up Living
4. All These Blues
5. Work Song
6. Mary, Mary
7. Two Trains Running
8. Never Say No
9. East-West

imagesCAAMM2QW.jpg

「ロックの歴史(名盤)」的なガイドで必ず見かける大名盤('66年作品)

ブルースロックが好きな人のバイブルでしょう

1960年後半に起きたロックシーンに波紋を投げかけた1枚
メジャーを意識してなかった彼らの音源が大きな変化をさせていく
日本でも「ゴールデン・カップス」が彼らの曲(このアルバムからが多い)を当時のヒット曲の間に混ぜて演奏していた
当時のGSかぶれの日本のファンはついていけなかったとのこと

当時はクラプトンが参加するなどと話題性もあったアルバムらしいです

先日のALLIGATORのLIVEでLIVE後のセッションでウオーキン・ブルースをやったので取り上げましたです

imagesCAZTHH2K.jpg





スポンサーサイト

2012/01/19 20:00 | COMMENT(6)TRACKBACK(0)

コメント

最近マイク・ブルームフィールドがマイブームでよく聴いてるんですよね
確かこのアルバム、津田沼のDUで安く売ってた気が…早めに買って聴いてみます~

No:751 2012/01/20 01:29 | 室姫 #- URL編集 ]

やはり名盤

個のバンドが日本のブルース・ロック・シーンに
与えた影響は大ですね
私のヒーローの一人です。
ポールもマイクも

No:752 2012/01/20 07:03 | kashipwee #KCAWiEak URL [ 編集 ]

確かにバイブルで、通らずにはいられないアルバムでよね。
ウオーキン・ブルース、いいですね~

No:753 2012/01/20 18:22 | アナログおじさん #- URL編集 ]

Re: タイトルなし

室姫さん
どうも!
この手のロックは飽きがこないので良いですね



> 最近マイク・ブルームフィールドがマイブームでよく聴いてるんですよね
> 確かこのアルバム、津田沼のDUで安く売ってた気が…早めに買って聴いてみます~

No:754 2012/01/20 22:16 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

Re: やはり名盤

カシピー
どうも!
兄貴のヒーローとしては当然ですね


> 個のバンドが日本のブルース・ロック・シーンに
> 与えた影響は大ですね
> 私のヒーローの一人です。
> ポールもマイクも

No:755 2012/01/20 22:17 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

おじさんどうも!
ブルースロックの原型と言っていいでしょうね
名盤ですね


> 確かにバイブルで、通らずにはいられないアルバムでよね。
> ウオーキン・ブルース、いいですね~

No:756 2012/01/20 22:18 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。