スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚 浅川マキ「灯ともし頃 」

名盤は何時になっても名盤だな

今日も聴きたくなった

マキ姐さんのブルース


75年12月に東京・西荻窪『アケタの店』で録音された。白井幹夫,吉田健,坂本龍一,近藤等則(!)など当時から,浅川マキはジャンルを超えたところに位置していたと分かるバックの顔ぶれ。狭いクラブで気の合ったメンバーでうたう彼女の自然なノリが伝わる



1. 夕凪のとき
2. あなたなしで
3. それはスポットライトではない
4. 夜
5. ジャスト・アナザー・ホンキー
6. 思いがけない夜に
7. センチメンタル・ジャーニー
8. 何処へ行くの

amakaiki.jpg

こんなアルバムが日本にあったなんて・・・・・・・・
やばいよ!
フォーク・ブルース・ソウル・ロック・ジャズ・・・・
マキ姐さんの魂の歌
リラックスした中にも生なましい歌歌歌歌歌歌歌歌歌歌歌歌歌歌

     「あなたなしで」  
     日本語詞 浅川マキ  曲 E.Williams

     川を下って行くあの船のように
     ゆらゆら揺れながら流れて行こう

     あぁやるせなく愛しく

     変わることのない おいらのこの暮らしは
     明日も同じように続いて行くのだろう

     あぁあなたなしでいくさ

     町に出て女を追いかける暮らしに
     とても勝目はないさ
     なにも変わりはしない

     あぁ一日は長い

     煙草は五箱で今日も吸ってしまうし
     片手にはコップ酒
     いつも離(は)なしはしないさ

     あぁやるせなく愛しく



70年代の日本の音楽シーンはこんなんだったか????
歌謡曲全盛時
日本にも確実にSOULはあったことを証明するアルバム
小学生だったからな・・・・
この時・・・アケタさんとこには行けないよな・・・・・・・・・

amaki.jpg







ロッドのスポットライト


asamaki.jpg

スポンサーサイト

2013/08/28 23:22 | COMMENT(3)TRACKBACK(0)

コメント

駒田さんならリアルタイムでしょ?

よく言われますが9、0年代の歌謡曲がほとんど記憶にないんです。
メロディと歌手は何となく知ってますがタイトルも歌詞も知らない、興味ねえ…

いつの時代にも反体制というべきか、現代語でいうところのインディーズは存在したんじゃないでしょうか。

マキ姐さんの時代でしたらキャバレーの生バンド扱いでしょうね。

No:1631 2013/08/29 22:12 | サッカリン駒田 #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

どうも!

私も90年代歌謡曲はまったく・・・・記憶にございません

まーそんなもんでしょう

No:1633 2013/08/30 21:56 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

はじめまして。マキが亡くなった年齢に近づいて想ったこと。全盛期のマキ 晩年期のマキ どれをとっても 凄いの一言。陰の中で 必死に陽を求めて 唄い続けたマキでしたが 今頃は 重いトランクを開けて ふっふっと笑って 楽しかったねと大好きなタバコをくゆらしているようで。

No:1723 2014/04/25 20:32 | オバサン #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。