スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

米R&B歌手のエタ・ジェームズさんが死去 白血病の合併症で


 「The Wallflower」「At Last」などのヒット曲で知られる米国のブルース、R&Bシンガー、エタ・ジェームズさんが白血病による合併症によりカリフォルニア州リバーサイドの病院で死去した。73歳だった。

ジェームズさんは2010年に白血病と診断され、さらに認知症とC型肝炎も患っていた。

ジェームズさんは1938年、カリフォルニア州ロサンゼルスで10代の母親のもとに生まれる。1950年に母親とともにサンフランシスコに移住し、そこで「Peaches」という名のグループを結成。その後、歌手のジョニー・オーティスがジェームズさんの才能を見出し、自ら書いた「The Wallflower」を彼女に提供した。

同曲は1955年にリリースされ、R&Bチャートで1位を記録。1960年にはチェス・レコードと契約し、「At Last」など数々のヒットを飛ばした。1960年代半ばに一時低迷したが、1967年により鋭い、魂のこもった音楽で見事復活を果たした。

etta-james.jpg

1970年代には麻薬中毒でリハビリ施設に入ったが、その後もライブやアルバム制作を精力的に行った。

多くの健康問題を抱え、一時的なスランプもあったが、ローリングストーンズの前座を務め、グラミー賞を6度受賞し、1993年にはロックの殿堂入りも果たすなど、まさに波乱万丈の生涯だった

imagesCAT7Q1WC.jpg

今年に入り私の大好きな大姐さんが亡くなっていた・・・・・・・・
20位から大フアンでした
ブルースの女性ボーカルで私が初めてぶっ飛んだ人でした

もうこんな人は出てこないでしょう
R&Rの肝っ玉母さんでした

合掌








スポンサーサイト

2012/01/31 22:33 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。